Dog-ear

読書備忘録ブログです。気になったものはなんでも読みます。

東海林さだお「丸かじり」シリーズ

f:id:mogumogu101:20210108181456j:plain

 食べ物エッセイが読みたくて手にとったシリーズ。
 東海林さだお著の丸かじりシリーズの読書記録をまとめました。読了順です。

 目次は縦に並べると長くなっちゃうので、横に並べています。この目次だけでもなんかおもしろい。

「丸かじり」シリーズ

『パンの耳の丸かじり』

パンの耳の丸かじり (文春文庫)

パンの耳の丸かじり (文春文庫)

カレー1万円は高いのか、安いのか。カップ麺に正しい食べ方はあるのか。そして悩ましきパンの耳よ……。大好評シリーズ第22弾
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167177676


 食べ物エッセイ、丸かじりシリーズの第22弾。
 食べ物関連の本を読みたくて読んでみました。このシリーズは知ってたけどはじめて読みます。共感するところもあったり、楽しかったです。
 ちなみにパンの耳は擁護派。注文つけるなら耳三つ落としバターかなあ。なんとなく。トーストは耳がない方がパサパサもさもさ分が少なくなっていいと思うけど、ないとなんか不安定になりそうな感じがします。なんとなく。
 ゴーヤの丸かじりとは勇気あるなあ。マシュマロ13個口に入れたときの感覚気になります。

内容
苺と大福 / ハイ「チーズ」/ 酢豚大好き / 山菜の喜び / 一万円のカレーだじょ / 雪舟展と生ビール / チュニジアの夜 / カップ麺の正しい食べ方 / 水ようかんでひと踊り / 懐かしの「都こんぶ」 / フライドポテトの塩気 / アイスキャンディタイム / 真夏の夜の夢 / お酌ロボット出現す / ゴーヤの丸かじり / 餃子スタジアムの一夜 / ゼリーは楽しい / レタスの非凡 / おにぎりの憂鬱 / 復讐の蕎麦入りうどん / 冷やしおでん見参 / パンの耳はお好き? / 柿身内説 / サヨナラおにィぎりく~ん / ホテルのバーはこわい / 栗ごろごろ栗ごはん / わたくし玉ねぎのファンです / 新丸ビル大偏見 / 牡蠣の神秘 / 見参「麺屋武蔵」/ カニの人柄 / フワフワの癒し / 水炊き、たまらんがや / 人生しじみ時 / ノンアルビール台頭


『いかめしの丸かじり』

いかめしの丸かじり (文春文庫)

いかめしの丸かじり (文春文庫)

いまや「国民弁当」的人気者いかめし。噛み終え、飲みこんで、陶然、恍惚、絶句! 食への好奇心は衰えず、丸かじりシリーズ32弾!
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167900137


 丸かじりシリーズを読むのは2度目。やっぱり面白い! タイトルに「いかめし」が来ているわりには、イカよりもタコの話題が多かったような…(笑)
 ホタルイカをいかめしにする案はおもしろい。食べやすそう。だけど、あんまりご飯詰まらなさそうだ。

内容
じいさんビアガーデンにゆく/オムライスの騒ぎ/え? 冷やしかつ丼/とうもろこしのザークジャキ/箱物ジュースのチューチュー/箸はいつ?/B級の覇者ソース焼きそば/「まあまあ、ひとつ」/島根物産館へ/タコぶつぶつ噛み噛み考える/酌の問題/稲荷ずしはヤドカリだ/シュウマイを愁う/ファミレスで晩酌を/春菊のほうは事件にならないのか/変わるよ変わるよおでんは変わる/「新国会丼」発見!/ラーメン大革命/蛸の足の「しまった」/飴のひととき/たまにはキーマカレー/身も蓋もある話/ナマコよ、ナマコ/安心うどん伊勢うどん/柴漬食べたい/迫力の肉巻きおにぎり/おやじと美肌鍋/キンレイ「鍋焼きうどん」/おいしいよ、アメリカンドッグ/スキヤキに於ける生卵の立場/いかめしの秘密/四角いおにぎり見ィつけた/蛸さん鍋となる/わが愛するレバーよ/懐かしの海苔だけ海苔弁/


『おでんの丸かじり』

おでんの丸かじり (文春文庫)

おでんの丸かじり (文春文庫)

熱々でパンパン、中はぐじゃぐじゃ。厄介で悲劇的な存在・おでんの袋ものについに挑みます! ますます美味しい丸かじりシリーズ
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167177706


 くすっと笑ってしまうエッセイ集、丸かじりシリーズ24弾。相変わらず面白くって、お腹がすきます。
 これ読んで知ったんですけど、犬のケーキ屋さんなんてあるんですね。今はなんでもあるんだなあ。カレーまんを自作する話も笑った。その過程はあまり想像したくないような…。

 作者が感じる素朴な疑問がまたくすっとしてしまう。確かに言われてみると「なんでだろう」って思うんだよなあ。
 タンメン受け入れ態勢の行方、の話もすごくよくわかる気がする。食べようと思ってたのにいざそれじゃないものを食べると肩透かしというか、なんか違うこれじゃないってなりますよね。

内容
落雁をかじる/一八〇円ラーメン出現す/栗で悶悶栗蒸し羊羹/タッパのフタいずこ/海苔のお仕事/「魚すき」の真相/ホテルで鯛を釣る/難物、おでんの袋もの/果物の丸かじり/駝鳥を食べる/チキンラーメン四十五年史/クロワッサンって、そうなんだ/山羊さんのお肉/ゴマメの歯ぎしり/中華カレーマンを自作する/吉野家カレー丼/犬のケーキ屋さん/節分の恵方巻って?/「静岡のおでん」は/“あたら”の壁のねぎま鍋/お粥を立ち食い/カレー丼の位置/オイルサーディン丼完成す/ネギでお腹いっぱい/タンメン受け入れ態勢の行方/ゆで卵は塩?/春はもずく/一五〇〇円! の牛丼/お稲荷さん讃/銀座のまん中で馬を焼く/エリンギの周辺/カミカツのシアワセ/キヌサヤの初夏/とろ玉のドローリ/恋しき鯨カツ様


『おにぎりの丸かじり』

おにぎりの丸かじり (文春文庫)

おにぎりの丸かじり (文春文庫)

おにぎり界を二分する保守派と人権派のバトルから、おじさんにとっての「コンビニにおける二大冒険」おでんと中華マンついに購入まで
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167177751


 相変わらずおもしろく、お腹がすくエッセイでした。
 コンビニおでん、買いづらいのはなんとなくわかる。白いカレー、一時よく見かけましたね。ホワイトシチューをごはんにかけて食べるような、そんな気持ちになったのを覚えてます。味の方は正直あんまり覚えてないですが。

内容
イート・インの中のぼく/楽しいぞ、グミは/丼一杯おかず無し!!/白くてもカレー/蕪の真意/コロモの喜びと悲しみ/松様をノックアウト?/串の力量/鴨南蛮のスルスル/ビーフシチューの態度/小鍋立て論/ふと、のお刺身盛り合わせ/コンビニおでん食いたい/コンビニおでん食いたい つづき/コンビニ中華マン食いたい/夢のTボーンステーキ/卵サンドの安らぎ/イクラの魔力/力うどんのチカラ/卵焼きに本心を/おにぎり解放運動/煎餅バリバリ食べ放題/納豆新時代/ほとほとおいしいほうとう/お洒落なバーで味噌汁を/ザーサイ応援団/小籠包の「ハ行」騒ぎ/冷凍みかんの思い出は/フランスパンを許す/猪ラーメンを食う/ゴメンネ菜の花/新宿みやざき館はいま/わらびの憂い/海老物語/ラーメンも缶詰に